信用金庫と銀行の特性を理解する

信用金庫を利用するには、まずその性質を理解する必要があります。 どうすれば利用できるのか、どういう人が向いているのか、しっかりと理解した上で口座を開設してみることをお勧めします。 状況によってはあまり向いてないかもしれませんし、上手く利用すれば、かなりのメリットがあるかもしれません。

銀行の融資を受けるにあたって

ここでは、信用金庫ではなく銀行に焦点を当てていきたいと思います。 銀行で融資を受けるにはどのような条件が必要か、年収や勤務状況など、どのくらいが有利なのかを中心に、メリットデメリットを比較して検討してみて下さい。今まであまり知らなかった世界が見えてくるかもしれません。

融資を受けるということは借金をするということ

ローンという言葉からも分かるように、融資とはつまり借金のことです。 昔と違って今は銀行や信用金庫からもカード一枚でローンが受けられます。気軽にローンが受けられる反面、借金をしている自覚が薄くなってることもあるのではないでしょうか。 返さなくてはいけないお金であることを認識したうえで、融資を受けましょう。

信用金庫という性質を理解する

信用金庫と銀行、具体的に何が違うのか、実際に利用する時でないとあまり考えることもないですよね。
しかし、緊急にお金が必要になる時や、近い将来必要になる時に備えて、これを機会によく検討してみましょう。
まずは銀行ですが、基本的に顔写真付きの身分証明書と印鑑さえあれば、誰でも口座は作れます。そしてそれは信用金庫も同じです。
では融資となるとどうなるのでしょうか。
銀行の場合、住宅ローンやその他の融資は審査が通れば出来ますが、信用金庫の場合は会員になる必要があります。
融資の種類は、住宅ローンや自動車ローン、教育ローンやカードローンなど様々ありますが、銀行も信用金庫も受けられる融資は同じです。
ただ信用金庫の場合は、その信用金庫の営業地域に住んでいるか、勤務しているかという一定の条件を満たす必要があります。
仕事の都合上転勤が多い方にはあまり勧められません。その場所に長く住んでいらっしゃる方や、当分引っ越しの予定がない方には良いと思います。
それぞれの特性としては、銀行は主に大企業相手の取引が多いのに対して、信用金庫は個人や小中企業を主に相手にしていることが一番の特性かと思います。
どちらが良いかというのは特にありませんが、ご自分のライフスタイルをよく考えて慎重に選ばれた方が良いと思います。
ここまで比較してきたところ、銀行と信用金庫の大きな違いは、地域に根差しているかいないかということだけに思えますが、ここが違うがゆえに出てくるメリットデメリットがあるのです。
そのことについて、これから詳しく説明していきたいと思います。