融資を受けるということは借金をするということ

カードローンにはご注意を

様々な融資、つまりローンの中で、最も気軽に組めるのが「カードローン」になります。
審査基準も低く、給料支払い口座であり、1年以上同じ会社に勤務していれば、比較的簡単に融資を受けることが出来ます。
個人で受けられる、最も簡単な融資であると言えるかもしれません。それだけに自己管理が必要なので、あまり多額な融資を受けるのにはお勧めできません。
融資というのはあくまでも一時的なものなので、どの融資を受けるにしても、自分に(又は会社に)返済能力があるかどうかをよく考えてから受けて下さい。
そうしないと、特にカードローンは比較的簡単に再融資を受けられるので、受けた融資を返すためにまた融資を受ける、などという堂々巡りになり、借金のループから逃れられなくなります。

何事も計画的に進めましょう

何に使うのか一番はっきりしているのは、住宅ローンと自動車ローンでしょう。
個人で融資を受ける方の大半は、ここから入るのではないでしょうか。現金で購入できるに越したことはありませんが、今後の生活のことを考えたらある程度の現金は残しておきたいものです。
ここでも間違ってはいけないことは、あくまで一時的に借り入れるということです。自分の収入に見合った融資でないと、身を滅ぼすことにもつながりますので、自分一人で融資を受ける相談をする前に、まずは税理士や会計士などの専門家に相談するのも一つの手段として考えられます。
自分がなぜ融資を受けたいのか、そのためにどれくらいの金額が必要か、どうやって返済していくのか、専門家の観点から考えてもらえるので、初心者の方はもちろん、何度か融資の経験のある方にもお勧めです。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ